沿革

1966. 06 使用済溶剤の再資源化を目的として大垣蒸溜工業株式会社を設立。
(設立時資本金500万円)
1978. 05 関東の生産拠点として、千葉蒸溜株式会社(現千葉工場)を設立。
1986. 03 中央区日本橋室町に東京事務所を開設。
1987. 05 輪之内工場を建設、生産を開始。
1991. 07 千葉蒸溜を合併し、社名を日本リファイン株式会社に変更。
1993. 03 日本車輌製造株式会社と共同で、濃縮乾燥装置「エルファイン」を開発。
1994. 07 斜型蒸発濃縮装置ソルスターを開発。
1995. 05 ソルスターが「分離技術賞」を受賞。
1996. 03 溶剤の精製リサイクル事業に対して「通商産業省環境立地局長賞」を受賞。
1997. 05 排水中の微量溶剤除去回収装置「ソルピコ」を開発。
  11 ソルピコが「名古屋市工業研究所長賞」を受賞。
  11 東京事務所を、千代田区丸の内に移転。
1999. 05 ソルピコが「分離技術賞」を受賞。
2000. 01 社長 川瀬泰淳(現名誉会長)が「千葉県ベンチャー企業経営者賞」を受賞。
  12

台湾台北市に当社の子会社「台湾瑞環股份有限公司」を設立。

(設立時:資本金3,000万台湾元、2010年度末現在:資本金1億600万台湾元)

2001. 01 東京事務所を東京本社とする。
2002. 02 輪之内工場がISO9001を取得。
  04 技術開発センターを設立。
2003. 01 中国江蘇省蘇州工業園区に当社の子会社「蘇州瑞環化工有限公司」を設立。
(設立時:資本金60万米ドル、2010年度末現在:資本金725万米ドル)
  10 揮発性有機ガス回収装置「エコトラップ」を開発。
2005. 06 剥離液再生装置「SRS」が「分離技術賞」を受賞。
06 中国江蘇省蘇州工業園区に蘇州工場(蘇州瑞環)を建設、生産開始。
2006. 07 大垣工場がISO9001を取得。
  11 環境装置部がISO9001を取得。
2007. 06 エコトラップが「分離技術賞」を受賞。
  07 千葉工場がISO9001を取得。
2008. 06 技術開発センター研究棟を新設。
  06 経済産業省中小企業庁「元気なモノ作り中小企業300社2008」に選定。
2009. 06 ISO14001を取得。
2011. 06 台湾台南市に台南工場(台湾瑞環)を建設、生産開始。
2014. 06 北九州市に当社の子会社「九州リファイン株式会社」を設立。
2015. 02

中国安徽省合肥市に当社の子会社「合肥利発茵(リファイン)化工有限公司」を設立。

(設立時資本金800万米ドル)

2015 07 福岡市に九州営業所を開設。
2016. 06 「株式会社シー・アクト」の株式を全取得し、子会社化。
2017. 05 SOLSTEP-HPが「分離技術賞」を受賞。
2017. 06 SOLSTEP-HPが「日本産業機械工業会会長賞」を受賞。
2017. 08 「日本リファイン株式会社(承継会社)」を設立。
2018. 01 「リファインホールディングス株式会社」へ商号変更し持株会社へ移行するとともに、分割事業については日本リファイン(承継会社)が事業を承継。
  01 「九州リファイン株式会社」を日本リファイン株式会社の子会社とする。
  01 創業者 故 川瀬泰淳が「第35回優秀経営者顕彰 優秀創業者賞」を受賞。
2018. 08 創業者 故 川瀬泰淳が「旭日単光賞」を受賞。